バリ島の南部沖とは

バリ島の南部沖とは

バリ島南部沖の海をクルージング

バリ島南部の半島沖はバリ語で“ブキット”と言われますが、通称ヌサドゥアと呼ばれる事がほとんどです。ここは早朝、野生のイルカたちが遊んだり、餌を捕食する姿を見るのに最適なスポットです。イルカを探している間は、バリ島の南部を海から眺めてみてください!

このクルーズは港を出るとタンジュンベノアの漁村を通過し、南へ進路を変えながら5つ星ホテルが立ち並ぶヌサドゥアからウルワツの真っ白なビーチ沿いを進みます。イルカが見られる確率は90%で、高速のオーシャンラフトはイルカの邪魔をする事なくイルカに近づくのに最も適した船です。イルカは好奇心旺盛なので、こちらから近づかなくても近づいてきてくれる事が多いですが、イルカに餌付けする事はご遠慮いただいております。クルーはイルカに関してオーストラリアの専門家のトレーニングを受けており、イルカが目撃されるエリアや種類、数に関して統計を取っております。統計の結果はオーストラリアのジェームズクック大学へ貴重な情報として提供しています。このクルーズはイルカがジャンプしたり、船がおこす波で遊ぶ姿を見たいというイルカ愛好家はもちろん、バリ島の南部沖の早朝のクルージングを楽しみたいという方にも最適なクルーズです。

バリ島の南部沖を訪れるクルーズ

バリ島の南部沖行きの船

3島オーシャンラフトクルーズ3島オーシャンラフトクルーズ高速オーシャンラフト高速オーシャンラフト